33堂の占い総合




Geomancy
ジオマンシー占い・土占い

33堂の占いで使われているりんご 33堂の占いで使われているりんご
ジオマンシーシンボルのりんご

リンゴの絵柄で可愛くジオマンシーのシンボルを作ってみています。
説明 展開法

sponsored
last programs2021-07-18

Description
ジオマンシー占い・土占いの説明

 geomancy(土占い)とは『台地の予言』と言われています。

 4つの奇数と偶数によりひとつのシンボルを導き出し、占いをします。

 天候の良き日に占うことがよい、昼間に占いをするとよいと言われていますが、やってみたところ、占いの結果はさして変わらないように思います。型を重要視する方は夜や天候の悪い日に占いをするのはやめましょう。


 もともと、砂漠のなかで砂を使いながら生まれた占いです。生死をわけるような状況のときにジオマンシー占いは使われてきましたので、きっぱりと吉凶を導くことを得意としています。

 また、適当な質問をすると『今はその問題よりも大事な問題がある』とジオマンシーに言われることがあります。きびしい言い方をして心を律してくれるような占いです。


Spread
ジオマンシー占い・土占いの展開方法

 あまり多くの展開法がなく、たいていはワンオラクルといったひとつのシンボルを導き出す占いに着地します。


シールド表

 四つのシンボルを導き出し計算により、十六のシンボルを表に起こします。それをシールド表といいます。

 シールド表の上で裁判を起こし、結論になるひとつのシンボルを導き出すことにより占いをします。

 計算間違いをするとすべてが狂ってしまうので、しっかりとしなくてはなりません。

 結論以外にも、それぞれ位置に意味があります。自分が知らなくてよい場所、気にしない場所、わからない場所にまでシンボルがでてくるので、考えようにはかなり臨機応変に占いをすることが出来ます。


 ジオマンシー特有の変わった特性として、占い主が生理中であると血のシンボルがでてきやすかったり、いま、この問題以外に重要な問題を抱えている場合、その問題を無視することがジオマンシーはできません。

 そうした面白い特徴がこのシールド表にはでてきやすく、まさに大地と対話しているように感じられます。

sponsored

Tarot card
タロットカード占い

Lenormand card
ルノルマンカード占い